メガネに顔射

今、私の目の前には、射精寸前にいきりたったちんぽがある。

どくどくという音がきこえそうなくらいに筋がはっきりとみえて、
私のよだれでいやらしく光っている。

ここは会社の資料室で、いつ人が入ってきてもおかしくない。

いすに座って、ちんぽをむき出しにしているのは、私の部下の神田だ。

「ちょっとぉ、まだ射精してないんだけど・・・、
誰がフェラチオ途中で止めていいっていいました?」

神田は自分で軽くちんぽをしごくと、私の顔にぴたぴたとぶつけた。

仕事ができるとはいえ、年下の部下にフェラチオを強要されるなんて、
屈辱以外の何者でもない。

それなりにモテているんだから、いくらでも若いコと付き合えばいいのに・・・。

「反抗的な目だなあ・・・素直にいうこときかないと、みんなにバラしちゃうよ?」

神田は亀頭を私の唇に押し付けた。


女性イメージ

私は部長とラブホテルに入るところを神田に写メで撮られて、
脅されるようになってしまった。

今のところは、会社内でのフェラチオと顔射くらいで済んでいるけど、
それ以上のことをされるのも時間の問題かもしれない。

部長を愛している私にとっては、
部長の家庭を壊すことなんて耐えられないから、
神田のいうことをきくしかない。

私はゆっくりと唇を開いた。

それにあわせるように、神田のちんぽが口内に入ってきて、私の口を犯す。

「ホントに、あんなジジイにはもったいないよ。」

神田はちんぽを口いっぱいにほおばって歪んでいる私のほほを指でなでた。

のどの奥をちんぽで突かれないように、亀頭に舌をからめて、ガードする。

神田は自分でも腰を動かして、ちんぽを口から出し入れしながら、
私のフェラチオしている顔をじっと観察していた。

にやにやしていた顔が次第に余裕のないものになっていき、
口からちんぽを引き出される。

どぴゅっと顔に青臭い精液をかけられた。

ぽたぽたとしたたる精液をあわててティッシュでぬぐいとる。

口内発射してくれれば、まだ後片付けも楽なのに、神田は顔射が好きらしい。

私はメガネについてしまった精液をティッシュでふき取り、
スーツのポケットから手鏡を出して、髪についてないか確認した。

「メガネに顔射するのって、萌えるよね。今日も気持ちよかったよ。」

私の頭をぽんっと叩いて、すっかり身支度を整えた神田が出て行く。

私はトイレにかけこんで、顔射されて穢れてしまった顔を洗い、メイクを直した。

精液をつけられたメガネを洗うのも忘れない。

やっと席に戻ると、すました顔で神田が書類を持ってきた。

やたらとスッキリとした顔で、仕事モードに切り替えているのが憎らしい。

神田にフェラチオさせられた後は、
仕事に集中できるまでに時間がかかるので、
どうしても残業しがちになる。

部長とセックスしたら、バラすといわれているので、
部長の誘いもずっと断り続けている。

部長に開発された私の体は、
ずっとフェラチオだけさせられているせいで、
欲求不満でくすぶり続けていた。

あの顔射フェチが・・・!

顔射した後の満足そうな神田の顔が頭に浮かび、私は顔をしかめた。

「そんなに顔射がイヤなんですか?」

誰もいないと思っていた部屋に、いつのまにか神田がいた。

「俺の女になるなら、顔射なんてしなくてもいいですよ?」

思わず立ち上がった私を窓まで追いつめて、
キスしそうな顔の近さで神田がささやく。

今日!たった3000円でクンニしてSEXする方法

109 人中 104 人の女が認めた「本物の口説きマニュアル」

このページの先頭へ

イメージ画像